Frequently asked questions
  • VanMoofのメンテナンスを受けるのはどこがいいでしょうか?
    ※現在修理などが大変込み合っておりますため、修理・メンテナンスは予約スケジュール制とさせていただいております。予約なしでブランドストアへお持込をいただいても対応できませんので、予めご了承くださいませ。 サービスハブがある国と地域ではそちらに車体をお持ちいただくか、VanMoofのブランドストア全店で修理... 詳細を見る
  • VanMoofを最高な状態で維持する方法を教えてください。
    次の簡単なコツを守れば、VanMoofの自転車はもっと楽しく乗れ、より多くの年数スムーズな走りをお楽しみいただけます。 タイヤの空気をしっかり入れる タイヤの空気圧を3bar (35Psi)に維持すると、15%エネルギー効率が上昇します。タイヤの空気圧の推奨は2.5 - 5 bar / 35-70 Psiです... 詳細を見る
  • 自転車点検は、どの程度の頻度で受けるべきですか?
    VanMoofの自転車は可能な限りメンテナンスフリーで設計されていますが、定期的に点検する事は必要です。 スムーズな走行を維持するためには、6~9カ月(または1回目のメンテナンス後、1000km)ごとに点検を受けることをお勧めいたします。 VanMoofのBike Doctorsと呼ばれる技術者... 詳細を見る
  • 自分のVanMoofを修理に出している間、代車を借りられますか?
    VanMoofでは、修理(メンテナンスを除く)などでお預かりが必要な場合、ライダーの皆様のために、各ブランドストアにて台数限定でお貸し出しをする代車をご用意しています。 お客様が代車をご利用いただけるように最善を尽くしますが、台数に限りがあるため、必ずしも貸し出しができるという保証はできません。 ... 詳細を見る
  • 最初の点検がとても重要なのはなぜですか?
    ライダーがすぐに乗理出すことができるように主要部分は既に組み上がった状態で自転車をお届けしていますが、一部のパーツは初期のなじみが出たりや走行中の振動などが発生により、ボルトなどが多少緩むことがあります。スムーズな乗り心地を長年お楽しみいただけるように、乗り始めて1000kmほどで初期点検、その後3カ月ごとまた... 詳細を見る
  • VanMoofの不具合はどう対応すればいいですか?
    トラブルシュートツールで、問題の自己診断ができます。答えが見つけることができ、さらに、サポートが必要な場合にはカスタマーサポートチームに連絡できます。   開始するには、My VanMoofにログインして、‘マイバイク’ページから、対象の自転車の下の‘ソリューションを探す’をクリックしてください。 詳細を見る
  • 新しいサドルは購入できますか?
    モデルにより形状などが異なります。在庫があればもちろん購入は可能です。 一度サポートへお問い合わせくださいませ。 詳細を見る
  • 別のサドルを装備することはできますか?
    モデルにより取り付け方法が異なりますが、可能です。 Electrified S/X2以前のモデルは、標準ダブルレールシステムのサドルを装着できます。 S/X3モデルはシートポスト一体型デザインのサドルが装着されているため、シートポストごと交換する必要があります。 詳細を見る
  • サドルの正しい高さは?
    サドルの高さは、個人の好みによりますが、一般的な指標として、ライダーが自転車の隣に立った時、腰骨の位置から拳1個、もしくは2個分下の高さがオススメです。サドルを設定して、ご自分にぴったりの高さになるまで上下に細かく調整することをお勧めいたします。サドルの角度を上向きにしたり下向きにすることもできます。大半のライ... 詳細を見る
  • サドルの最大の高さは?
    シートポストの後部に、サドル最大高さを示す印があります。この印とシートチューブが重なるようにしてください。印が見える場合はサドルを下げてください。 詳細を見る
  • サドルで股ずれしてきました。どうしたらいいですか?
    サドルの設定が合っていない場合、走行中に痛みを感じることがあるでしょう。 痛みが消えるまで、高さと角度を少しずつ調整してみてください。 もちろん人によって感じ方が異なりますので、ご自身には別のタイプのサドルの方が合う場合もあります。 サドルを調整しても痛みが解消しない場合は、別のサドルを試すことも選... 詳細を見る
  • ハンドルバーのグリップが緩いです。どうしたらいいですか?
    モデルにより付属のグリップのタイプは異なりますが、Electrified X/S2以前のモデルのグリップはハンドルバーに接着されており、所定の位置に固定されています。緩みがある場合は、グリップを完全に取り外してハンドルバーに残った糊を取り除いてください。 その後、接着剤をハンドルバーもしくはグリップの中に塗り... 詳細を見る
  • シングルキックスタンドとダブルキックスタンドの違いは何ですか?
    ダブルキックスタンドは、VanMoofバイクを駐輪する際により安定感があります。常に重い荷物を運んでいる場合などは、ダブルキックスタンドをお勧めいたします。  ※時期により在庫がない場合がございます。そのため市販のダブルキックスタンドも規格が合えば取り付けが可能です。 詳細を見る
  • ギアはいくつ必要ですか?
    ギアはお好みと走行スタイルによります。一般的に街中での走行には、小さな起伏を駆け抜け、平地では速度を増すことができる3速以上のハブが適しています。起伏の激しい環境(あるいはさらにコントロールが必要な環境で)で走る場合は、それ以上の変速が適しています。斜面を登る時の抵抗を減らし、下り坂をよりパワフルに駆け下りるこ... 詳細を見る
  • ギアが正しくシフトしません。どうしたらいいですか?
    VanMoofの車体には、モデルによって採用されているギアが異なりますが、基本的にはメンテナンスフリーの内装ハブギアシステムを使用しています。 ギアが正しく作動しない場合は、モデルによって対応方法が異なります。 Electrified S2 & X2についてはVanMoofサポートメールまでお問い合... 詳細を見る
  • チェーンに油を差す必要はありますか?
    VanMoofの車体には基本的にチェーンガードが装備されております。 通常の自転車と同じ頻度でチェーンを洗浄したり、油を差したりする必要はありませんが、最高のパフォーマンスを発揮するためには、数カ月ごとにチェーンをパーツクリーナーなどで洗浄し、その後チェーンオイルなどを差してください。 チェーン... 詳細を見る
  • ペダルを踏むと自転車がギシギシと音を立てます。
    ペダルから鳴る「ギシギシ」というような音はほとんどの場合、走行中の振動や衝撃によるボトムブラケットや、クランクなど回転部分の多少の緩み、もしくはペダル部分のベアリングの劣化が原因ですので、増し締めやグリスアップをする必要があります。 通常の自転車のパーツ部分となりますので、お近くの自転車店、もしくはスポ... 詳細を見る
  • ドライブトレイン(駆動部分)は、どのくらい持ちますか?
    チェーンやギアなどのドライブトレインは、チェーンガードなどで構成部分が保護されていますが、少なくとも6カ月ごとに市販のパーツクリーナーやチェーン洗浄剤などを使用し、洗浄をした後チェーンオイルなどを差すことをおすすめします。 チェーンとコグ(リアホイール側の歯車)は、通常使用の場合で走る環境や保存環境にも... 詳細を見る
  • チェーンが歯飛びします。どうしたらいいですか?
    走行中のチェーンの歯飛びや滑りに気づいたら、リアハブ部分の調整が必要なサインです。 走行中の振動や衝撃で内部の調整が必要になっている場合があります。 まずはサポートチームにお問い合わせ、またはスポーツタイプを扱う自転車店などで点検を受けてください。 ※自転車店ではその店舗のルールや規約などで、... 詳細を見る
  • VanMoofのドライブチェーンへの注油方法を教えて下さい。
    VanMoof S3&X3およびElectrified S2&X2には、メンテナンス頻度が低くなるよう設計された密閉型ドライブトレインが採用されています。 簡単な手順で、チェーンをスムーズに保つことできますので、以下の動画をご参考にしてください。  動画はElectrifiedS2を... 詳細を見る