VanMoofアプリを初めて開いた時に、簡単な設定プロセスが表示されます。VanMoofアカウントをお持ちでない場合はまずアカウントを作成し、バイクを登録していただく必要があります。


設定するとすぐに、オーナーがBluetooth有効距離範囲内にいる時にはいつでもVanMoofアプリがSmart SやSmart Xに自動的に接続し、アプリはフォアグランドやバックグラウンドで実行されます。


自転車が反応しないときは、ハンドルバーのボタンを押して起動させてください。それでも自転車が起動しない場合は、トップチューブの下側にあるパワーバンクまたは充電器をマイクロUSBポートに挿入してリセットしてください。


自転車が起動しても接続できない場合は、Bluetoothのオンオフを切り替えてみてください。それでも起動しないと場合は、スマートフォンを再起動してください。Androidをご利用の場合は、位置情報許可がオンで位置情報サービスが有効になっていることを確認し、https://dontkillmyapp.comに記載されているガイドに従って、VanMoofアプリのバッテリー最適化がオフになっていることをご確認ください。