可能な限りメンテナンスフリーになるように、あまり手入れが必要ない設計になっていますが、定期的メンテナンスを行わなければ本来の性能を活かすことはできません。


ブレーキ・パーツクリーナー等でブレーキローターの清掃やブレーキパッドの調整が必要です。

パフォーマンスの低下に気づいたら、Bike Doctorsか認定整備士が在籍する自転車店に自転車をお持ち込みください。