サドルの高さは、個人の好みによりますが、一般的な指標として、ライダーが自転車の隣に立った時、腰骨の一から拳1個、もしくは2個分下の高さがオススメです。サドルを設定して、ご自分にぴったりの高さになるまで上下に細かく調整することをお勧めいたします。サドルの角度を上向きにしたり下向きにすることもできます。大半のライダーはやや上向きを好むようです。


サドルの高さや位置に確信がもてないときは、ブランドストアチームが喜んでお手伝いいたします。