基本的にはどれくらいの距離を乗るかどうか、使用頻度によって変わります。

ただし、使用頻度にかかわらず、車体を定期的にメンテナンスしたり、必要であれば修理をすることをお勧めします。