事故や破壊行為による破損は対象となりません。