もちろんです。当社はサプライチェーンを自社で管理しています。さらにS2とX2のライダーから得られた評価をもとに、最新の自転車をこれまでよりお手頃な導入価格でお届けできることになりました。世界中のより多くの方々に乗っていただきたいと願っています。