この動画は、VanMoof S3の前輪の取り付け方法をお見せします。
(VanMoof X3もこちらを参考にしていただけます。)
 




1. 道具の準備
VanMoofのツールボックスの、アーレンキー3つ、盗難防止レンチ、ナットツールが必要になります。

2. ホイールの取り付け
ホイールを取り付ける前に、モーターケーブルが前向きになっていて、
ブレーキディスクがブレーキキャリパーと同じ側にあることを確認してください。
丁寧に、ホイールをフロントフォークに向けて下げます。
車軸がドロップアウトの中心にあり、ブレーキディスクがブレーキキャリパーパッドと合っている必要があります。

3. ホイールの固定
ウォッシャーを取り付け、盗難防止ナットを車輪の両側に取り付けます。
盗難防止レンチとナットツールを使って、両方のナットをきつく締めます。
フロントフォークドロップアウトの両側を確認して、取り付けが正しく行われ、
盗難防止ナットがドロップアウトの中心に来ていることを確認します。

4. モーターケーブルの接続
モーターケーブルをモーターとフェンダーステイの間に走らせてください。モーターケーブルの矢印に合わせ、くっつけてください。
それから、フロントフォークにできるだけ押し込んでください。
モーターケーブルカバーと2つのケーブルカバーボルトをとってください。モーターケーブルのみをフロントフォークの内側に少し押してください。ケーブルを掴むのが難しい場合には、ラジオペンチを使うとフォークに挿し込みやすくなります。
カバーをオープニングの上に置き、ボルトとアーレンキー3で締めてください。最初のボルトを少し締めて、カバーの場所を確認し、もう一方のボルトをつけて閉めます。両方のボルトを締めて、カバーがしっかりできていることを確認してください。

5. 取り付けのテスト
電源ボタンを押し、e-バイクを起動します。
前輪をを回し、ペダルを手で動かします。正しく取り付けられている場合は、前輪は回り続けます。

これで、乗る準備が完了です。