この動画は、VanMoof S3の後輪の取り付け方法をお見せします。(VanMoof X3もこちらを参考にしていただけます。)

 

 
1. 道具の準備
VanMoofのツールボックスの、盗難防止レンチ、ナットツールが必要になります。また、2.5mmと4mmの六角ンキーも必要になります。

2. ホイールを取り付ける前に、正しい方向を向いている(逆向きになっていない)ことを確認してください。Eシフターはドライブ側になっている必要があります。車輪を下げて、チェーンをスプロケットの上に持ち上げて車輪を取り付けてください。その後、Eシフターが前向きになった状態で、車輪をリアフォークに向けて下げてください。Eシフターを変えて、各ポジションにしてください。
車軸がドロップアウトの中心にあり、ブレーキディスクがブレーキキャリパーパッドと合っている必要があります。

3. 車輪の固定
Eシフターとフレームの穴を合わせます。
ノンターンウォッシャーを取り付け、それから、盗難防止ナットを車輪の両側に取り付けます。
盗難防止レンチとナットツールを使って、ブレーキ側のナットをまずきつく締めます。次に、ドライブ側も同様にきつく締めます。
リアドロップアウトの両側を確認して、取り付けが正しく行われ、盗難防止ナットがドロップアウトの中心に来ていることを確認します。

4. Eシフターの接続
Eシフターを4mmの六角ンキーを使って取り付けます。
優しくEシフターケーブルを接続します。次に、フレームに向かって、できるだけスラックと離れるよう押し込みます。そして、Eシフターのキャップを再挿入します。

5. チェーンテンショナーの取り付け
チェーンテンショナーを押し下げて、穴が合うようにし、4mmのアーレンキーを使って所定の位置に固定します。
 上部のチェーンガードをチェーンの上にずらします。2.5mmのアーレンキーを使って固定します。S3の場合はトップホールを使用し、X3の場合は、ネクストホールダウンを使用します。