外気によってバッテリー性能が影響を受ける可能性があります。バッテリーのレンジや出力は穏やかな天候で最適な性能を発揮します。冬の使用も全く問題ないですが、室温環境で充電いただくことをお勧めします。寒い季節に屋外に駐輪する場合は、バッテリーが空になっていないことを確認するようにしてください。

気温がどうであれ、フル充電完了後はバッテリーを外しておくことをお勧めしています。また、長い期間置いたままにする場合には、40〜60%のバッテリー容量の状態が理想です。この状態がバッテリー性能の維持に最適です。

低い温度では、バッテリーが速くなくなり、ターボブーストのパワーが若干弱まると感じるかもしれません。最初の数分間電動アシストレベルを下げて乗ることで、バッテリーが適切に温まります。