気温は、バッテリーの性能に重大な影響を与えることがあります。バッテリーレンジやバッテリー出力は、マイナス気温の状態より、穏やかな天候から暖かい天候で、良好に性能を発揮します。自転車を屋外の寒い場所に駐車する場合には、バッテリーが完全に空にならないよう注意してください。

マイナス温度でバッテリーを充電すると、バッテリーが損傷する可能性があります。室温で充電することをお勧めします。安全のために、充電器を接続する前に、自転車を室温になるまで1時間ほど温めることをお勧めします。バッテリーを損傷から保護するために、内部温度が0°Cを下回ると充電できなくなっています。バッテリーの温度が低すぎる場合、充電器を接続すると、ディスプレイにエラー21が表示されます。

内部温度が-10°Cを下回ると、バッテリーセル自体が電力供給を行わなくなります。つまり、モーターアシストが使用できなくなります。もちろん、モーターアシストを使わずに自転車に乗ることができます。

低温では、バッテリーの消耗が早くなり、ターボブーストの性能がわずかに低下することに気付く場合があります。最初の数分間、低めのパワーアシストレベルにして乗ると、バッテリーが適切にウォームアップしていきます。

温度に関係なく、完全充電完了後、自転車のプラグを抜くことをお勧めします。また、自転車を長期間保管したい場合は、バッテリーを約40〜60%の状態にしてください。バッテリーが完全に消耗するのを防ぐために、しばらく使用しない状態が続くとスリープモードになります。自転車の電源をオンにしていない場合は、まず自転車を接続してしばらく充電します。その後、クイックリセットでバイクを起動させます。

自転車を防寒する方法のヒントについては、こちらをご覧ください。