以下の手順は、VanMoof S3またはX3のハンドルバーから遊びをなくす方法を説明します。



必要なもの:

      5.0mm六角レンチ(VanMoofツールボックスに入っています)

      クリップ

ステップ 1: ボルトを取り外す

フォークのハンドルバーを固定している2本のボルトを緩めて、外します。

 

ステップ 2: ハンドルバーを取り外す

      注意:ハンドルバーを通る2本のワイヤーがあります。ハンドルバーを持ったまま作業してください。そうしないと、ワイヤーが損傷します。

 

ステップ 3: フォークを締める

      5mm六角レンチの長辺を使用して、フロントフォーク上部のボルトを締めます。ボルトは手できつく締めてください。

      ホイールを両足で挟み、フォークステムを押したり引いたりします。揺れがないことを確認してください。

 

ステップ 4: ハンドルバーを取り付ける

      ハンドルバーをほぼ垂直に下にスライドさせ、少し隙間を残します。断線する可能性がありますので、無理に押し込まないでください。少し抵抗を感じたら止めてください。

 

ステップ 5: ワイヤーを張る

スペーサーを使用していない、または、1つだけ使用しているライダーは、次のことも行ってください。ハンドルバーを下げるときに抵抗を感じる場合に、行ってください。 2つのスペーサーを使用している場合には、この手順は不要です。

 

      ハンドルバーのボタンのゴム栓を外します。

      クリップを曲げて小さなフックを作ります。

      コネクタが見えるまで、ワイヤーをそっと引き出します。

 

ステップ 6: ハンドルバーを再度取り付けます

      これでワイヤーが外れたので、ハンドルバーを押し下げることができます。

      ボルトを2本挿入し、内部ステムのノッチと位置が合っていることを確認します。

 

ステップ 7: ハンドルバーの位置を合わせます

      ボルトを完全に締める前に、ホイールがハンドルバーと揃っているかどうかを確認してください。

 

ステップ 8: 小さく動きを確認します

      ホイールを両足で固定して、ハンドルバーを押したり引いたりします。動く場合には、上記手順を繰り返し行いもう少し締めます。

 

ステップ 9: バイクを完成させる

      コネクタをハンドルバーに押し戻します。アクセスワイヤーを送り込み、ゴム製のキャップを元に戻します。