VanMoofのハンドルバーは、ほとんどのライダーにとって快適な高さになるようあらかじめ設定されています。次の動画では、SX3ハンドルバーの正しい組み立て方と、お好みの高さに調整する方法についてご紹介します。また、動画の下に、ステップごとに説明した手順を記載します。 



必要なもの

VanMoof Tool Boxの次のものが必要です。

  • 六角レンチ #5 

  • ハンドルバースペーサー(ハンドルバーの高さを上げる場合)


ハンドルバーを確認します

膝で前輪を挟み、ハンドルバーを回転させてください。少しでも動きが感じられたら、六角レンチ #5でハンドルバー側面のボルトを締めてください。

ボルトの位置を確認してください。上は左から、下は右から入るようにします。


ハンドルバーの高さを調整します

ハンドルバーの高さは、個人の好みで変わります。一般的に、低いハンドルバーはよりスポーティでアグレッシブな印象を与え、高いハンドルバーはより直立姿勢で快適な走行姿勢を促します。


調整方:

  1. 六角レンチ #5を使ってハンドルバーの側面にあるボルトを緩めてください。

  2. ハンドルバーを内部ステムの上端まで持ち上げ、ボルトの1つを締めて位置を固定してください。ハンドルバーを完全に取り外すと、内部配線を損傷する恐れがありますので、ご注意ください。

  3. ハンドルバーをお好みの高さにするために、スペーサーを1~2個並べます。次にそれらを所定の位置にスライドさせてください。

  4. ボルトを緩め、ハンドルバーをゆっくりと下にスライドさせます。快適な高さを確認してください。

  5. 最後に六角レンチ #5を使用して2本のボルトを締め、ステムが前輪と一直線になるようにし、ハンドルバーが内部ステムの切り目と一直線になっていることを確認します。ボルトは締めすぎず、しっかりと固定されるまで回してください。


注意

ハンドルバーがシム(詰め物)と一直線上にあることを確認してください。ボルトを完全に差し込むことができない場合は、位置が合っていないことを意味します。ボルトを挿入するときは、抜いた側のままにしておく必要があります。

左のボルト=上の穴

右のボルト=下の穴